Author Archives

三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
「ながら動作」をやめてみませんか

「ながら動作」をやめてみませんか

「○○をしながら、△△をする」 ということ、よくありますね。 たとえば、学生時代だと、「ながら勉強」していた方、いらっしゃるでしょう。 ラジオの深夜放送を聞きながらとか、BGMを聞きながら、とか。 さて、ビジネスにおいては、 この、何気なく「○○をしながら、△△をする」というのが、 相手の気持ちを損ねたりする場合があります。 朝。 部下の「おはようございます!」っていう元気な挨拶に 書類から目を離
続きを読む
プロ講師になれる人、なれない人2

プロ講師になれる人、なれない人2

私は今までプロ講師養成を20年近く行い、たくさんの受講者を見てきましたが、プロ講師になれる、結果を出せる人とそうでない人の違いはなんだろうと考えてみました。 前回は2つのポイントをお伝えしましたが、覚えていらっしゃいますか? まだ読んでいない方はまずこちらをお読みください⇒プロ講師になれる人、なれない人    1つ目は、受講すると決めた時点で、必ずプロ講師になる!と決めている人。何が何でも一人前に
続きを読む
プロ講師になれる人、なれない人

プロ講師になれる人、なれない人

今まで、プロ講師養成を20年近く行い、たくさんの受講者を見てきましたが、プロ講師になって結果を出せる人とそうでない人の違いはなんだろうと考えてみました。 大きく3つの要素に分けられると思いましたので、今日はまず2つを紹介します。 1.受講すると決めた時点で、必ずプロ講師になる!と決めている人。何が何でも一人前になると決めている人。こうした意気込みの人はうまくいきます。 逆に「できたらいいな~」ぐら
続きを読む
「いい気持ちになる」ための行動

「いい気持ちになる」ための行動

人間の行動は、結局、次の4つに分けられる、といいます。 1.行動していい気持ちになる 2.行動していやな気持になる 3.行動しないでいい気持ちになる 4.行動しないでいやな気持ちになる ご指導いただいている交流分析の大御所、 杉田峰康先生が口癖のようにおっしゃることです。 そして、その中で私たちが目指すものは、 「いずれにしてもいい気持ちになる」というものだと。 ということは、 1.行動して、いい
続きを読む
名古屋開催・経営者のための「自立型人材育成内製化研修」体験セミナー

名古屋開催・経営者のための「自立型人材育成内製化研修」体験セミナー

指示待ち人間を<自ら考え、笑顔で行動する人材>に変革! 「指示待ち」の従業員の方が、自分で考え動ける人材に成長してほしいと思ったことはありませんか?   ●何から何まで指示しないと動かない。   ●指示をしても、言い訳やできない理由ばかりが先に出てくる。   ●何とかならないものかと、講師を招いて研修をしてみたり、外部の研修に出してみたりしたけれどなかなか効果が出ない
続きを読む
東京開催・経営者のための「自立型人材育成内製化研修」体験セミナー

東京開催・経営者のための「自立型人材育成内製化研修」体験セミナー

指示待ち人間を<自ら考え、笑顔で行動する人材>に変革! 「指示待ち」の従業員の方が、自分で考え動ける人材に成長してほしいと思ったことはありませんか?   ●何から何まで指示しないと動かない。   ●指示をしても、言い訳やできない理由ばかりが先に出てくる。   ●何とかならないものかと、講師を招いて研修をしてみたり、外部の研修に出してみたりしたけれどなかなか効果が出ない
続きを読む
大人の責任

大人の責任

  そんなこと、知っていて当たり前でしょ?常識でしょ? ということが、当たり前でも、常識でもなくなっています。 以前、弊社の講師が、新入社員研修で、目が点になったお話です。 今では新入社員研修のないように入ることがめっきり少なくなった 「お茶の出し方」の実習をしていたときのこと。 いつもはお盆に何も入っていない湯飲みをのせ、 「お茶の出し方」だけを実習するのですが、 その日は、研修の担当
続きを読む
【大人のマナー】病院にはハイヒールは似合わない

【大人のマナー】病院にはハイヒールは似合わない

  唐突ですが、 病院には、ハイヒールやピンヒールを履いていかないほうがいい、 というのが、私の持論です。 過日、家族の付き添いで病院に行き、 診察を待っているときに、改めてそう思いました。   私たちの目の前をヒールの音がコツコツ通り過ぎます。 立っている時は、きっとそれほど感じないのでしょうが、 座っていると、その音がより近くに感じるのです。 本当にうるさいのです。 &nb
続きを読む
仕事の基準値(スタンダード)を持つということ

仕事の基準値(スタンダード)を持つということ

「スタンダードを持つ」 新しく研修を担当させていただくお客様との会話で出てきた言葉です。 スタンダード? 辞書を引くと、標準や基準とでてきます。 打ち合わせの中で研修担当の方から、 若手社員のお客様応対の仕方の問題点を挙げていただきました。 その中で「私はそういう言い方はおかしいなあと思うのですが・・・」 とご担当の方がおっしゃったときにでてきた話が 「スタンダード」です。 若手社員の応対を見て、
続きを読む
プロ講師という仕事に就いたきっかけ

プロ講師という仕事に就いたきっかけ

  「どうしたら、三厨さんのようなプロ講師になれますか?」という質問を時々いただきます。 現在、研修講師になって27年目ですが、プロ講師になるきっかけは、「社内インストラクターの仕事」でした。 私の仕事は人材育成コンサルタント。 企業・医療機関・介護施設など法人の社員の皆様への研修や講演、組織改革のコンサルティングを行っております。 私が今の仕事でプロになると決めて、普通のOLから転職し
続きを読む