その他

答えはお客様が教えてくださる

答えはお客様が教えてくださる

  過日は妹とコンサートに行きました。 だれかのコンサートかって??? フェイスブックをごらんいただいた方は、もうお分かりですね。 「松山千春」さん。 35周年なんだそうです。 記憶をたどってみると、30年前には確実に! それも年に1~2回は二人でコンサートに行っていたので イチバン歌をたくさん聴いた人・・・かな。 「35周年」というところに心が動いて、久しぶりに出かけました。 ま~~~
続きを読む
「緩ませる時間」を持ちましょう

「緩ませる時間」を持ちましょう

  「過緊張」という言葉をはじめて目にしました。 正式な医学用語ではないようですが、 精神科医の奥田弘美先生の執筆の中で拝見したのです。 「過緊張」とは、文字通り、緊張しすぎ、ということですね。 緊張感は大切。 でも、緊張しすぎるのでは、うまく事が運びません。 奥田先生のチェックリストをご紹介しますので、 あなたも自己チェックなさってみてください。 1.夜寝る前になっても仕事のことが頭か
続きを読む
アウトプットするためにインプットするという意識を持つ

アウトプットするためにインプットするという意識を持つ

  新聞やインターネットなどからの情報収集、読書やセミナー、勉強会、研修など、 社会に出てからもインプットをすることは多いもの。 ですが、「ただインプットするだけ」では、残念ながら効果はあまり期待できないのです。 「アウトプットするためにインプットする」という意識を持つこと。 これは、ビジネスパーソンが学ぶときに大切な視点だと思っています。 ビジネスパーソンの勉強は、学生の勉強ではないの
続きを読む
人間関係の極意とは

人間関係の極意とは

  昔、先生に誰かがお尋ねしました。 「先生!人間関係は難しいですね。人間関係の極意は何なのでしょうか」 さて、この質問に、あなただったら、なんと答えますか? 先生は・・・・ 「つかず離れず、ですね」 とおっしゃったのです。 この先生とは、私が25年以上前からご指導いただいている方で、心理学を多方面から 教えていただいた先生です。 日本に心理学的な視点を導入なさった第一人者で、この先生に
続きを読む
人を育てるときに大切なこととは

人を育てるときに大切なこととは

過日は、 いつもブログを拝見しているおだろーさんが 名古屋で心理学の勉強会をなさるということで、 参加させていただきました。 一番印象に残ったこと。 それは、おだろーさんがおっしゃった 「従わせるでなく、考えさせる」 という言葉。 なるほど、そのとおりです。 「人に従う」ということは、 社会に出れば、否応なしに学習しなければならないこと。 しかし、従ってばかりの人生では、 自分をなくしてしまいます
続きを読む
前向きな言葉が行動を変える

前向きな言葉が行動を変える

友人からの便りにこんなことが書いてありました。 原文をそのまま転記します。 ***ここから 【改める】 ある予約中心のサービス系企業で、 当日ご来店のお客様の通称を “ラッキーさん”に変えたそうです。 そのご来店がお客様とスタッフにとってはもちろんのこと、 お客様にとってもタイミングよく希望をかなえられたことで、 関わる皆が “ラッキー”になるからだそうです。 以前の通称は“飛び込み”・・・。 同
続きを読む
誰かのお手本になるということ

誰かのお手本になるということ

先日、友人が「ちょっと聞いてくれる!!」とやって来ました。 あら、少しお怒りモードでどうしたのかしらとお話を聞いてみると・・・ 過日その友人が新幹線に乗ったときのこと。 普通車3人がけの窓際の席を指定で取っておいた彼女は、 その席のところまで行くと、 なぜか熟睡のお子さん(中学生ぐらいらしいです)と 真ん中の席には、そのお母さんらしき人がやはり熟睡。 あれ?っと思い、再度指定席の番号を確認すると、
続きを読む
言葉一つで印象は大きく変わる

言葉一つで印象は大きく変わる

  ある時、プライベートで某レストランへ訪問した時のことです。 「はじっこの席でお伺いいたします」 って言われてしまいました。(笑) は、は、はじっこ??? ま、そうなんです。 確かにあっています。その席は、一番端にありましたから。。。 でもまあ、せめて、すみっこ? う~ん、これもいけませんねえ~ やはり「一番奥のお席」でしょうね~ 「お客様、恐れいりますが、一番奥のお席へお願いいたしま
続きを読む
毎日続けているとそれが財産になる

毎日続けているとそれが財産になる

私事ですが、私の娘が通っている学校は、 昨年50周年を迎えた、ミッション系の女子学院です。 中等部もありますが、娘は高等部から。 そして、高等部からしかない専門コースに入っています。 この学校には、各クラスに「ドアガール」という役割の人がいます。 教壇に近いドアサイドの席の人がその係りです。 授業の際、先生がいらっしゃると、 「先生がいらっしゃいました」と皆につげ、 ドアガールがドアを開け、先生を
続きを読む
気持ちが伝わる挨拶

気持ちが伝わる挨拶

ずいぶん前のことになりますが、娘の学校公開日(授業参観)にて。 教室にこんなポスターが貼ってありました。 挨拶が大事なことは、大人も子供も同じですね。 大人ができていないのに、子供たちにだけ 「やりなさい!」って言っても説得力がありません。 【率先垂範】(そっせんすいはん)という言葉がありますが、 これは「人の先頭に立って物事を行い、模範を示すこと」という意味です。 次世代を担う子供たちに、私たち
続きを読む