人材育成のしくみ

人材の悩みを共有する三厨万妃江の【人材育成 三厨倶楽部】名古屋

【人材育成 三厨倶楽部】(通称:三厨倶楽部)とは、採用、社員教育、人材育成の仕組み作りなど「人材の悩み」について少人数でざっくばらんにお話する会です。 経営者にとって「人」に関する課題や問題は、つきないもの。 相談する人がいないと、自分だけ、自社だけにこうしたことがおきているのか?と思うものですが、 私(三厨)がたくさんの経営者のお話を聞きしてきた経験からすると、どなたも同じようなことで悩んでいら
続きを読む
「情報共有」の意義

「情報共有」の意義

当ブログでは、あまり私の仕事様子を書かないのですが、 今日は、過日の研修について書いてみたいと思います。 ある介護施設様の研修での出来事です。 こちらでは、社長をはじめとして、 全社員、職種を問わず研修を受けて下さっています。 正社員・パートを問わず、 介護職だけでなく、運転手や調理師の皆さんに至るまでです。 全職員の研修がひととおり終わってからも 新しく入社された職員の方に 順次同じ研修を受けて
続きを読む
メンタルヘルスを保つには「サイン」という気づきの視点を持つ

メンタルヘルスを保つには「サイン」という気づきの視点を持つ

だいぶ以前に、経営者の皆さんの勉強会で 「メンタルヘルス」について、講演させていただいたことがあります。 そのときの講演タイトルは、 会社も社長も元気でいこう! ~職場の精神衛生(メンタルヘルス)について考える~ 司会の方が、 「私たちが元気になれるお話をしていただけると思います」 と、ご紹介くださったのですが、 このテーマのお話は、どうしても、おも~いお話になってしまいます。 三厨のように、明る
続きを読む
成長の法則「言われたとおりにやってみる」ことができる才能を活かす

成長の法則「言われたとおりにやってみる」ことができる才能を活かす

  「言われたとおりにやってみる」 というのは、とても大切なことです。 自分で考えて動けるようになるためには、 「言われたとおりにやる」ことがプロセスとして必要。 うまくいかない人は 「言われたことを言われたとおりにやらないで、 最初からアレンジしようとする」 傾向があると思います。 それを「考えてやっている」と誤解しているのですね。 ですから、いつまでたっても あちこちぶれて、基本が定
続きを読む
佐藤可士和の超整理術に学ぶ 視点が変わると仕事の意義が変わる?!

佐藤可士和の超整理術に学ぶ 視点が変わると仕事の意義が変わる?!

「アートディレクター=ドクターという表現がぴったりくる」 こんなふうにご自分の仕事を著書の中で語るのは、 アートディレクターの佐藤可士和さん、 著書は『佐藤可士和の超整理術』です。 佐藤さんは、売れっ子のアート・クリエイティブディレクターですから、 きっとご存じの方も多いでしょう。 たとえば、 キリンの「極生」のディレクションで、発砲酒のイメージを変えた人、です。 そのアートディレクターが、「整理
続きを読む
会社の看板を背負うということ

会社の看板を背負うということ

「社員は会社の看板を背負っています。」 とは、新入社員研修などでよく聞く(私にとっては「言う」・・・)セリフです。 現在、企業に限らず、組織を構成するスタッフの雇用形態は様々。 社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイト・臨時職員・・・などなど。 当たり前ですが、雇用形態はどうあれ、「看板を背負っている」ことに、 違いはありません。 ところが 「私は社員じゃないので、関係ないです」とか、 「アル
続きを読む
経営者の姿勢が組織の文化を作る

経営者の姿勢が組織の文化を作る

  過日、某眼科に行ったときのこと。 初めて受診した眼科です。 そこで出迎えてくれた受付の女性は、髪が長く、 両耳から後ろへ髪をあげているのですが、 なぜか、片方の前髪が、30センチぐらい、顔の前に だら~んと落ちています。 他の方に接しているときにちらっと見たところ、 片目がだら~んとした前髪でぜんぶ!隠れているのです。 おまけに無愛想・・・ なかなかきれいな方でしたのに残念です。 他
続きを読む
役割を果たすための行動

役割を果たすための行動

それは正しいかもしれないけれど、 果たすべき役割という視点で考えると「バツ」となる。 ・・・ということがありました。 過日の「中堅社員研修」での出来事です。 この研修は、年間4回、毎回25名強の方が受講して下さり、 もう14年ほど続いています。 1500名以上の方が受講してくださっているのですね。 あらためて数字にしてみると、我ながらびっくりです。 2日間の研修の冒頭に、 中堅社員としてのコミュニ
続きを読む
日ごろの習慣で接客のストレスを軽減する

日ごろの習慣で接客のストレスを軽減する

ある介護施設での研修時に、こんな質問を受けました。 「入所の方のご家族様が面会にいらっしゃってお帰りになるとき、 明らかにご立腹の様子だとわかったら、 受付の私はお声がけしたほうがいいと思うのですが どのように声をかけたらいいのでしょうか?」 あなたはどう思いますか? とってもいい質問だなあと思い、 研修終了直前でしたが、再度グループでこの問題を話し合っていただきました。 いろいろな答えが出てきま
続きを読む
語尾をあいまいにしないでキチンと日本語を話す習慣を持つ

語尾をあいまいにしないでキチンと日本語を話す習慣を持つ

日本語は動詞の部分を言わなくても成り立つ言語です。 英語などは主語、述語、とくるので、 一番大事なことが最初のほうに登場するので明確なのですが 日本語は最後まで聞かないと実はわからない、という言葉です。 最後まで聞かないとわからないにもかかわらず、 最後まできちんと話さないことって多々ありますよね? 思い当たりませんか? たとえば、身近なところで、電話で 「出かけておりますが」 「席をはずしており
続きを読む