社員基礎力

社員教育は大切。しかし、その前に採用の基準が重要。

社員教育は大切。しかし、その前に採用の基準が重要。

  私は、人材育成の仕事をしておりますが、教育の前に「採用」を重視する必要性を感じ、 お客様の会社の「社員、スタッフ採用」のサポートもしています。 経営者であれば、同意していただけるかと思いますが、問題は「採用の仕方」です。 採用試験をどのように行っているかはもちろんですが、 その前に、「一体どんな人材を必要としているのか」 これがなかなか具体的になっていないケースが多いのです。 「積極
続きを読む
自分の業界を特別視しないことが大事

自分の業界を特別視しないことが大事

「ウチの業界は特殊なんですよ~」 このセリフ、私が研修のご依頼をいただいた際に、 打ち合わせでよくお聞きする言葉です。 そんなとき私は 「はい、皆さんそうおっしゃるんですよ。でも大丈夫です!」 ニッコリと、笑顔で、ばっさりさせていただきます。(笑) だって、「お客様は特殊ではない」から。 この言葉が出て来る時点で、 視点がお客様ではなく、自分や自社、そして自分の業界に向いています。 その視点にお客
続きを読む
言葉はコミュニケーションの道具

言葉はコミュニケーションの道具

  過日、金田一 秀穂先生のご講演をお聞きしたときのことです。 テーマは「金田一先生の日本語おもしろ塾」 金田一先生の講演は、 演台を離れて、皆さんに語りかけるように始まりました。 「正しい日本語を使いましょう、っていうけれど、 正しい日本語というのが、実はあいまい。」 そのあと、会場に問題が出されました。 ちょっとした緊張感が走ります(笑) ==== 「たとえば、<アボカド>は、アボガ
続きを読む
再春館製薬 経営危機を徹底した電話応対研修で乗り切る

再春館製薬 経営危機を徹底した電話応対研修で乗り切る

  経営者に人気のTV番組「カンブリア宮殿」 再春館製薬の西川通子会長が出演なさったときのこと。 こんにちは。 一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 社員力向上&ホスピタリティコンサルタントの三厨 万妃江です。 以前に書いた記事を修正してお届けしています。 **** 再春館製薬は、電話による通信販売の先駆者です。 その会社が、売上が伸びて、100億を超え、 120億を目指し始め
続きを読む
社員基礎力はビジネスマナーから作られる!

社員基礎力はビジネスマナーから作られる!

  過日より、新しく某企業様のコンサルティングを 開始しました。 コンサルティングのスタートは、 必ず、ホスピタリティ・マナー研修からはじまります。 これが、組織作りの土台となるのです。 お客様に喜んでいただく企業になるためには、 社内の人間関係やコミュニケーションをはじめとする、 土台の強化が必須です。 研修には、事前課題がありました。 拙著を熟読して、第1回に参加していただくのです。
続きを読む
社員はどのようにされると伸びるタイプかという傾向調査より

社員はどのようにされると伸びるタイプかという傾向調査より

  新入社員の皆さんが入社して半年。そろそろ仕事に慣れたことですね。 実は「慣れた頃」うまくいかなくなることもあります。 毎年、某大学が、新入社員の傾向をまとめて発表なさっていますが、 その中から、「打たれ弱い」といわれがちな新入社員の方への接し方を おさらいしてみましょう。 「どのようにされると伸びるタイプか」と問いかけたところ、 ほめられて伸びるタイプ・・・60%強 怒られて伸びるタ
続きを読む
新入社員の定着率を高めるにはうまくいく体験が大切

新入社員の定着率を高めるにはうまくいく体験が大切

業種・職種が違っても、新入社員の定着率について、 頭を悩ませていらっしゃる経営者の方は多いはず。 人事の担当の方も、退職者が出ると、 「誰だ!あいつを採用したのは!」と言わんばかりの周囲の目に、 胃が痛くなる方もいらっしゃるようです。 せっかくご縁があって入社してくれた新入社員には、 楽しく仕事をし、仕事を通して成長してもらいたいものですね。 新入社員の定着のためにすることはいろいろありますが、
続きを読む
名古屋 社員教育の現場から 会社の基準を持つことで社員のストレスを軽減

名古屋 社員教育の現場から 会社の基準を持つことで社員のストレスを軽減

  半年間のコンサルティングを承っている会社の5回目です。 お客様の目線に立って、自社の仕事を洗い出し、 お客様応対について、「会社の基準」を決めていきます。 考え方の基準をそろえていくことが大切。 お客様のお申し越しに対して、すべてお応えすることはできません。 だからこそ、会社の基準が必要です。 会社の基準を決めると、一人ひとりがその基準に沿って判断し、 行動することができるようになり
続きを読む
お客様も社員もハッピーになるちょっとした工夫

お客様も社員もハッピーになるちょっとした工夫

サービス業では、お客様からの良い言葉よりも、 苦情やクレームにばかりついつい目を向けてしまいがち。 無意識によくやってしまうことの1つに、 お客様にわざわざ「至らないところ」を探していただくような アプローチをしている ということがあります。 たとえば、あちこちでよく見かける 「お客様のご意見をお聞かせください」という表現。 こう言われると、「良いところ」を探す人もいれば、 「いやなところ」を探す
続きを読む
季節感のあるお手紙 ~お礼状~

季節感のあるお手紙 ~お礼状~

こんにちは。 ビジネスパーソン必須の『大人のマナー』著者 三厨 万妃江です。   週末に必ずすること。 お世話になった方へのお手紙を書いたり、 拙著にサインをしたり、お送りしたり、です。     週末に仕事や外せない私用があるときは、 2週分まとめてとなりますが できるだけその週のうちにと思っております。   今回は、待ちに待った、 こちらのはがきと切手を使
続きを読む