前向きな言葉が行動を変える

背中でいいね! 

友人からの便りにこんなことが書いてありました。

原文をそのまま転記します。

***ここから

【改める】

ある予約中心のサービス系企業で、
当日ご来店のお客様の通称を
“ラッキーさん”に変えたそうです。

そのご来店がお客様とスタッフにとってはもちろんのこと、
お客様にとってもタイミングよく希望をかなえられたことで、
関わる皆が “ラッキー”になるからだそうです。

以前の通称は“飛び込み”・・・。

同じく、お客様のご希望の日時に沿えず予約不成立時の通称を
“非得客”(造語)に変えたそうです。

お得意様になっていただけたかもしれなかったのに
なしえなかったお客様への比例とお店側の非力さを
表しているそうです。

以前は、“失客”・・・。

たった2~3文字の変更がスタッフ全員の
「アンラッキーさん、非得客をゼロにする」というベクトルになり、
部門業績の向上に寄与しているとのことです。

この景気環境だからこそ、
魂と意義が入ってる言葉が本当の“販売促進策”なのかもしれません。

明るく積極的な言葉に囲まれて、元気に過ごしましょう。

***ここまで

 
言葉を変えるだけで、人の動きが変わってくる。

本当にその通りだと思います。

「飛び込み」では、お客様を大切にしている感じが
伝わってこないし、結局、大切にする行動はできない。

誰かを大切にする気持ちが伝わりやすい言葉を
使っていくことを習慣にしたいものです。

特に、たくさん使う言葉ほど大切に。

こんな素敵なお話をしてくださったのは、
友人であるガブルスジャパン株式会社 の
竹内社長からの便りでした。

きっとあなたのお近くにも、お店があるはず。

【温かい気持ちに似合う言葉がある】

今日は、改めてそんなことを思いました。

温かい気持ちを、温かい言葉で、伝え続けていきたいですね。
 

【あの会社はなぜ、社員がいきいきしているのか?】

社員力を向上させるためには、いくつかのポイントがあります。

お忙しい社長様、ご担当者様のために、
重要なポイントだけを詰め込んだレポートを作成いたしました。

☆今日からすぐにできるワンポイントアドバイスもありますので、
気持ちが熱いうちに社内改革に取り組めます!

【無料レポート】うまくいっている会社が実践している7つのポイント
今なら無料で差し上げています。ダウンロードはとても簡単!

以下にアクセスして必要情報を入力するだけです。
ご興味ある方は、ぜひダウンロードしてご活用ください。

うまくいっている会社が実践している7つのポイントのダウンロードはこちらから

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です