経営者の姿勢が組織の文化を作る

ビジネスマン 

 
過日、某眼科に行ったときのこと。
初めて受診した眼科です。

そこで出迎えてくれた受付の女性は、髪が長く、
両耳から後ろへ髪をあげているのですが、
なぜか、片方の前髪が、30センチぐらい、顔の前に
だら~んと落ちています。

他の方に接しているときにちらっと見たところ、
片目がだら~んとした前髪でぜんぶ!隠れているのです。

おまけに無愛想・・・

なかなかきれいな方でしたのに残念です。

他にも長い髪のスタッフがちらほら。
白衣に長い髪は、全く合いません!

身だしなみ、バ~~~ツ!
しばらくしていよいよ診察です。

そこのクリニックの先生は、
女医さんであるという前情報はありました。

私は、受付の方ほかのスタッフの姿を拝見して、
こんな風に予想しました。

きっと、ここのドクターは、

患者さんが自分たちをどう見ているかとか、
接遇とかサービスに対して
あまり関心がないんだろうな・・・って。

診察室の扉が開いた瞬間。

「あ、やっぱりね!」

と思ったのです。とほほ。

ドクターは、茶色く染めたロングヘアで、
おまけに、全体にパーマがかかっている感じでした。

経営者が髪型や身だしなみに無頓着では、
スタッフも「推して知るべし」ですし、
身だしなみの指導もしないでしょう。

もっと言えば、採用の段階から、
「自分たちはサービス業であるという自覚」はないのです。

その視点があれば、
受付に無愛想な人は採用しない・・・ものです。

経営者がひとりで回している規模の組織の場合は特に、
経営者の姿勢や考えがそのままスタッフの姿勢や企業文化に
現れるのですね。

ドクターの身だしなみが見事に予想通りだったことに、
私は恐ろしさすらおぼえ、
私自身はどうであるかと考える機会にもなりました。

お客様は、見ていないようでしっかり見ています。

結局は「経営者の姿勢」が組織の文化を作るものなのだと
実感した出来事でした。
 
 

ビジネスマナーに自信がない、もう一度見直したいという方のために

ビジネスマナーの基礎が学べる最適な拙書<人生を変えるマナー>とビジネスマナーのDVDも用意してございます。わかりやすい映像を見ながら、好きな時間に繰り返し学べるDVD教材は、ご自宅で、会議室で、何度も確認したい方から好評です。
 
DVDバナー

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です