人間関係の極意とは

商談成立 

 
昔、先生に誰かがお尋ねしました。

「先生!人間関係は難しいですね。人間関係の極意は何なのでしょうか」

さて、この質問に、あなただったら、なんと答えますか?

先生は・・・・

「つかず離れず、ですね」

とおっしゃったのです。

この先生とは、私が25年以上前からご指導いただいている方で、心理学を多方面から
教えていただいた先生です。

日本に心理学的な視点を導入なさった第一人者で、この先生に学んでいる人は
全国に数多くいらっしゃいます。

今ではあまり直接ご指導いただくことは少なくなりましたが
考える必要のある場面では、この先生の教えを思い出し、
あるいは先生ならばどのようにお考えになるのかと思い巡らせることは
少なくありません。

「人間関係は腹6分がいい」とも言われますが、先生のこの言葉を聞いて
私は、なるほどね、と納得いたしました。

人間関係で何か問題が起きるときは、
確かに、密接にかかわりすぎるときや、
もっとかかわればよかったという時ですものね。

絶妙な距離感は確かに大切です。
それを見つけ出すまでに時間がかかります。

「ヤマアラシのジレンマ」というお話をご存知ですか?

哲学者ショーペンハウエルの寓話を元にフロイトが考えた
人間関係についての例え話です。

ヤマアラシは一匹だと寒いから、他のヤマアラシとくっつこうとする。
しかし、くっつくと針が刺さって痛いから、くっつけない。

離れると寒いのでまたくっつこうとするが、くっきすぎると痛いのでまた離れる。

・・・ということを繰り返しているうちに、
痛くもなく寒くもない距離を見つける、というものです。

確かに、人間関係に似ていますね。

この人間関係、
仕事での人間関係なのか、家族なのか、友達なのか、ご近所づきあいなのか、
おかれている状況や立場によって違います。

それをぜ~んぶ同じにしているとうまくいかないということは
あなたももちろんご存知でしょうが、
仕事の場合、これに、目的は何なのか?求められている役割は何なのか?
という視点を入れると、距離のとり方がもう少しうまく、ラクになります。

リーダー研修などでは、こうした視点をもたないまま人間関係に悩む、
あるいは、腹を立てている人を多く見かけますが、
「役割で動く」という視点をもつ練習をしていただくと、
うまくいくようになるものです。

相手が求めているものは何か?という視点で動く。

そして、「つかず離れず」です。

私は・・・

どちらかというとくっつきすぎて、失敗したほうが多かったと思います。
おせっかい、なのね・・・笑

年齢とともに、すこ~しだけ、距離を置くこと、じょうずになったかな?

あ~~~まだまだかもしれません。

少しずつ勉強です!

【人間関係の極意は、つかず離れず】

このことを忘れないようにしようと思った日でございました。

 

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法を
わかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、
社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>


ゼロから学ぶ職場のビジネスマナー[Kindle版]

ファイルサイズ: 186 KB
紙の本の長さ: 59 ページ  ごきげんビジネス出版
mikuriya_book3

社会人になって最初に戸惑うこと。それは、「先輩への相談の仕方がわからない」「先輩の顔と名前が一致しなくて挨拶しにくい」「どうも社内には暗黙のルールがあるようだ」など、実は社内のマナーや人間関係のことが案外多いのです。

「ビジネスマナー」というと、お客様との接し方のマナーと思われがちですが、実は職場の上司や先輩・同僚などと良い関係を築くための「ビジネスマナー」も大切なのです。本書では、職場の「人づきあい」が円滑になり、職場にうまくとけこみ、仕事が楽しくできるための基本のマナーをお伝えします。

Amazonからご購入いただけます>>>

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です