職場でのその日本語、大丈夫ですか?

男性電話中 

 
今日は言葉遣いのお話をさせてください。
 
だいぶ以前の日本経済新聞に、
「職場の日本語 基本のキ」という記事が掲載されました。
 
その中から、「そうそう!!」と私も感じている、
間違いやすいものを、ご紹介していきましょう。

■「お休みをいただいております」

使いがちですね~!

これは、休みを与えた自社の上司を高めてしまい、相手に失礼にあたる、
という解説です。

この場合は「休んでおります」とか「休暇中でございます」がよいですね。

■「お名前を頂戴してもよろしいですか」

これも、時々ありますね。

「名刺を頂戴する」と混同しているようです。
「お名前をお聞かせいただけませんでしょうか」がよいでしょう。
「お名前様、頂戴できますか?」っていわれるとぎょ!っとします(笑)

■「おっしゃられる」

これは二重敬語なのです。
「おっしゃる」が正解です。

ですから「○○さんがおっしゃられたように」というと間違い。
「○○さんがおっしゃったように」という表現でOKです。

いかがですか?

まだまだありそうですね。

思わず赤面!なんて方もいらっしゃるでしょう。
うっかり使っている人は、なおしましょうね。

だ~れも、あなたの言葉を注意してはくれません。

時々、自分を振り返るって大切です。

さて、あなたの日本語はだいじょうぶですか?

 
 
電話応対やお客様への応対に自信がない方は、DVD教材で勉強するという方法もありますね。
弊社監修・販売のDVD教材【言葉遣い編】【電話応対編】は、
社員教育や研修後のスキルの定着、自宅などでの復習用としても活用でき、わかりやすいと好評です。

【DVD監修・出演】
有限会社 キャリア・サポート代表取締役
三厨 万妃江
 
【言葉遣い編】DVDの詳細はこちらから
【電話応対編】DVDの詳細はこちらから
 

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です