人がすることとしなくていいことを分けて考えていますか?

打合せ中の男女 

お客様から選ばれている、
ホスピタリティあふれる対応であるなど、
すばらしい!と評判が高いお店や会社の共通点は何でしょう。

それはいろいろあるのでしょうが、私が考えるひとつのポイントは、

「人がしなければならないところとそうでないところ」
が、徹底していること
ではないかと思います。

人がしなくてよいところは、合理的に考え、
仕組み化する、システム化する、のは、
「人がしなければならないところ」に集中するためには、
とても大切なことですね。

ところがうまくいかないお店や会社は、
「人がしなければならないところ」を合理化してしまいます。

私たちがサービスを受けたり、商品を購入したりする瞬間は、
理性というよりは感情。心が動くことが大切です。

そのためには、人と人とのふれあいの瞬間を
合理化してはいけないと思っています。

その瞬間を最大に活かすために、ほかを合理化する必要があるのです。

合理化しなければならないことは、
案外お客様や外部からは見えないもの。

つまり、お客様の目に触れないところ、目に触れる必要のないところで、
徹底しています。

だから、「あのお店は評判だけれど、何がそんなによいのだろう。
どこがほかの店と違うのだろう」とわからないこともあります。

ですから、評判のお店や会社があれば、
ぜひ、お客様としてサービスを受けてみてください。
商品を購入してみてください。

表面的には同じようなことをしているように見えても
明らかにちがうことを体験します。
心が動く瞬間を感じてみてほしいのです。

メルマガ第1号に書いた、和倉温泉加賀屋の会長さんのお話を思い出しました。

仲居さんが「笑顔で気働き」するために、
厨房にはロボットが料理を運ぶ、料理搬送システムがあるというお話です。

笑顔が大事といっても、
料理をえっちらおっちら息を切らして運んでいては、
笑顔で接客なんてとてもできないと。

なるほどですよね。

お客様の目に触れないところでの努力・合理化。
そして、お客様の心に触れるところの徹底したホスピタリティ。

まさに選ばれる理由がここにあると思います。

 

経営者のための「失敗しない採用」セミナー

 
採用で「失敗だった・・・」と思ったことはありませんか?

書類も面接も合格だと思っていたのに仕事を任せたら何か違った・・・
採用したスタッフがすぐやめてしまう

こんな声をよく聞きます。

人材の採用はどこの会社でも悩んでいます。
面接や履歴書だけでは判断が難しく、入社してから「え?」ということは多々あるのです。

時間とお金をかけて採用した人が、こんな結果では困りますね。
では、いったいどんな点に注目したらいいのでしょうか。

採用で失敗しないためには、採用したい人を明確にし、 その基準にあった人を
確実に採用することが必要です。

面接などでまどわされないようにするためには、いくつかの「コツ」があるのです。

面接や職務経歴書、履歴書などだけでは見えてこない「その人の本質」を見破る秘訣を
知りたい方は、ぜひこちらのセミナーにお越しください。

経営者のための「失敗しない採用」セミナー詳細・お申込みはこちら

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です