正しく美しい日本語を話しましょう

三厨さん 

過日、日本経済新聞に掲載されていた興味深い記事を読み返しました。

「親子で取り組むサマーセミナーIN名古屋大学2012」
名古屋大学教授の町田 健先生がお話になったエッセンスを
まとめたものです。

テーマは「学ぼう!話そう!美しい日本語」

「おいしいです」「こちらコーヒーになります」
この表現は正しいだろうか?

という問いかけから始まります。

日ごろ私も感じていることですから、ぐっと引き込まれました。

ふだん、なにげなく使う「おいしいです」
しかし、「です」は「だ」の丁寧形ですから、
元の言葉に「だ」がついていないのに、「です」になるのは間違いなのです。

「おいしいだ」であれば「おいしいです」になる、ということですね。

「え~~~!そうなの???」
と思われた方も多いでしょう。

同じように「よろしいです」もよく言いますが、
これも「よろしいだ」ではないので「よろしいです」には
ならないということです。

ではどのように言うのか。
正しい日本語は「おいしゅうございます」「よろしゅうございます」です。

昔、「料理の鉄人」という番組があって、
岸朝子さんという審査員の方が「おいしゅうございます」
と、よくおっしゃっていました。

そのころ、新入社員研修で、上記の説明をすると、
「な~んだ、あの岸さんって、おばさん、あってたんだ!」
と言われたことがあります。(笑)

確かに「~しゅうございます」って耳慣れないので、
変な日本語、って思っていたのでしょう。

お~~い!変なのはア・ナ・タ!ですよ。

正しい日本語をなかなか使えなくなってきています。

日本語は美しい。
そのよさをしっかり大人の私たちが見直したいですね。

ところで、
「こちらコーヒーになります」
ってなにが間違っているのか、気になりますか?

この言葉については、また次回にでもお伝えしますね!
 

弊社主催の「新入社員研修」について

このところ新入社員研修のお問い合わせを多数いただいております。

学生から社会人に、気持ちも行動もスキルも切り替える第一歩の研修。
しっかり学んで仕事に取り組む姿勢を作っておくことは、このタイミングでは
とても重要です。

弊社からご提供できる研修についてまとめましたので
お役に立てるようでしたら、お申し越しください。

まず「新入社員研修」としてご提供できるメニューは大きく2種類あります。

1.ご依頼に応じて会社(もしくはご指定の会議室)に伺って行う
2.弊社の公開講座にご参加いただく

■1.の内容は、以下のサイトからおおよそご確認いただけます

有限会社キャリア・サポートのサイトで確認する

こちらは、おおよその内容ですので、
ご要望の内容を人数やお時間によって、
最終的にはそれぞれのお客様ごとに内容を組み立てます。

■1.の通常研修の料金は、以下をご確認ください。
研修の料金について

※5名以上入社なさる場合は、こちらの集合研修をお勧めいたします。

※すでに秋から決まり始めておりますので、日程がかなり限られます。
 ご希望でしたら、できるだけ早めにお申し越しください。
 日程によって講師が限定されてしまう場合がございます。

■2.の公開講座については、以下をご確認ください。
公開講座の料金について

※4月6~7日で公開講座を開催いたします。
 9月のフォローアップ研修もついております。
 入社なさる人数が少ない場合は、公開講座をぜひご活用ください。

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です