答えはお客様が教えてくださる

ビル 

 
過日は妹とコンサートに行きました。

だれかのコンサートかって???
フェイスブックをごらんいただいた方は、もうお分かりですね。

「松山千春」さん。

35周年なんだそうです。

記憶をたどってみると、30年前には確実に!
それも年に1~2回は二人でコンサートに行っていたので
イチバン歌をたくさん聴いた人・・・かな。

「35周年」というところに心が動いて、久しぶりに出かけました。

ま~~~ぁ、よく笑いました。いつものことですが。

コンサートというより、説教?!を聞きにいく・・・って感じですが(笑)
曲と曲のあいだに30分ぐらい話しているし・・・

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
彼は北海道の放送局の関係者に見出され、
そのタケダさんという方に強く後押しされ、
レコードデビューしたのが35年前の1月。

しかし、その7ヵ月後、タケダさんが、若くして急逝します。

デビューしてからの7ヶ月間は
「こんな曲作ってみましたが、どうですか?」
とか、
「今日のコンサートはこんな感じでした」
って、タケダさんに報告したり、相談したり・・・

しかし、その支えを失った千春さんは、それから35年間、
どこかに喪失感を抱えたまま、
「フォークシンガー」としての活動を続けていたのですね。

コンサートの中で、彼はこんなことを言いました。

「でも、35年たった今、わかったことがある。
タケダさんがいなくなった、だれに相談したらいいのかわからない、
だれに報告したらいいのかわからないと思っていたけれど、
タケダさんはお前らだったんだなって」

お前ら・・・とは、コンサートを聴いている私たちのことです。
彼は昔から、親しみをこめて「お前ら」といいます。

そう。

自分が作った曲がどうなのか、コンサートがよかったのか、
それはすべてお客様が教えてくれる、
あたりまえのことを改めて感じた、ということなのでしょう。

松山千春といえば、
「旅立ち」
「季節の中で」
「恋」
「長い夜」など

すこし前の曲ばかりです。

昔の歌を歌ってくれるととてもノリがいい三厨ですが(笑)
最近の歌はさっぱりわかりません。

お客様の年齢層はと~っても高いので(爆笑)
きっと、私と同じような気持ちの方も少なくなかったはず。

ほとんどテレビにも出ないで、
コンサートとCD(昔はレコードって言いましたね・・・)だけの活動で35年。

しっかり、お客様と関係を作ってきた、
それがこの「35年」という数字なのでしょう。

満席の客席。

「答えはお客様が教えてくださる」
それを感じた楽しい時間でした。

もう昔のようには黄色い声は出さないけれど(笑)
もう昔のようには頻繁にコンサートには行かないかもしれないけれど、
でもきっと私は時折思い出すはず。忘れないはず。

関係ができていれば、忘れられない、
忘れられなければ、こうしてきっとお客様はもどってくる。

私たちのビジネスも同じ・・・ということでしょう。

 

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法を
わかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、
社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です