まず笑顔!そして言葉を発しよう

みくりやさま 

 
「おはようございます」「こんにちは」「いらっしゃいませ」など、
挨拶の言葉はたくさんあります。

これらの言葉は、笑顔でできると、
挨拶をしてもらったほうは、とっても気持ちがいいですね!

「笑顔+挨拶の言葉」
これを実践し続けるためには、少しコツがあります。

それは、
「笑顔になってから、言葉を発する」
というものです。

たとえば、
「おはようございます」や「こんにちは」は
「お」という母音から始まります。

「お」を母音にする言葉を発するときの口の形はどうなっているか、
考えてみてください。

口をすぼめるような小さな口で発しますね。
そのときの表情はいかがですか?

残念ですが笑顔ではありません。
口角が横に開いたり、上がったりしていないからです。

つまり、「お」から始まる言葉は、無意識だと笑顔にはならない、
ということです。

だから、意識する!ことが大切。

なにを???

「笑顔になっておいてから、言葉を発する」
ということを、意識するのです。

また、「いらっしゃいませ」という挨拶もよく使われますが、
これは「い」で始まる挨拶なので、
比較的口角を開いて言葉を発しますから、
「お」で始まる挨拶よりも笑顔になりやすい挨拶です。

でもこちらもより意識して「笑顔になってから挨拶」とすれば、
よりいっそう、気持ちのよい挨拶として、相手に伝わります。

せっかく笑顔で挨拶が大切とわかっていても、
無意識では実践することはできません。

意識して実践しましょう!
まず笑顔!そしてそのつぎに言葉を発する。

明日から、
ニッと笑ってから挨拶!

これを皆さんで、合言葉にしましょうね!
 

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法を
わかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、
社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です