おもてなしの語源

mikuyiya2 

過日は、ふるさと岐阜の
「ぎふ女性経営者懇談会」のパネラーとして、
登壇させていただきました。

この懇談会は、岐阜県よりご依頼いただき、
1年間委員をつとめさせていただいております。

35名の委員の方が、毎月テーマ別にパネラーとして登壇します。
まとめてくださる、モデレーターの方が委員さんということもあります。

私のテーマは、「おもてなし」

高山の本陣平野屋 花兆庵の女将
有巣 栄里子さん

長良川温泉 十八楼の若女将
伊藤 知子さん

岐阜放送 取締役
森田 順子さん

そして、私の4名がパネラー

モデレーターは
岐阜聖徳学園大学 講師の河合雅子さん
です。

女将さんがお二人いらっしゃると
「観光」のイメージのおもてなしとなってしまいますが、
私は中立の立場ですし、
森田さんは、観光、というわけではありません。

ですから、どんなビジネスにも通じる、「おもてなし」の話につなげていきます。

もともと「おもてなし」の語源のひとつに、
「表裏のない心で接すること」というものがあります。

「表裏のない心で接すること」は、
旅館などの観光業に限らず、普通のビジネスにも共通です。

相手の立場を値踏みして態度を変えたりすると、
結局は、自分が恥ずかしい思いをしたり、
相手を不愉快にさせたりもします。

同様に
社内でも、上司・先輩には丁寧に、
部下・後輩には、それほどでなくて良い、
という風潮は、お客様に伝わる、と思っていますので、
相手によって、自分の行動を変えるのは、
間違っていると思っています。

でも、そういう組織、多いです。
お客様がご覧になっている、って、気づかないようですね~

「目の前の人を大切にするということ」は、
お客様であっても、
上司であっても部下であっても
関係なく、行動するということだと思います。

それが「おもてなし」

だって、どこかで誰かが見ていますもの。
必ず。

誰にどこで見られてもいいように、
自分を律していくのが、プロじゃないでしょうか!

・・・とここまで書いて、
もう一度自分に言い聞かせました~!(笑)

「ぎふ女性経営者懇談会」の様子は、
順次、ブログにアップさせていただいておりますが、
まだ全部できてません・・・ごめんなさい!

以下、順番にごらんいただければうれしいです。

後3回ぐらいでまとまるかしらん???

ぎふ女性経営者懇談会

女性の感性を活かしたおもてなし

おもてなしの現場から
 

法人研修に通用するプロ講師になりたい方へ

先生_72B

どこで勉強したら、プロの講師になれるのでしょうか?
個人向けにセミナーをしていますが、企業研修ができるようになるにはどうしたらいいですか?
講師にはなったものの、どうやって仕事を取ったらいいのかわかりません。
教えるスキルはあるけれど、カリキュラムがなかなか作れません。

そんなあなたの質問やご要望におこたえして、25年間のプロ講師としての
ノウハウを凝縮して作りました!

それが今回ご案内する
「一般社団法人 社員教育内製化推進協会第3期 協会認定講師養成研修」です。

詳しくは、名古屋で説明会をやります。私が直接、質問にお答えしますので、
ご興味がある方は、ぜひいらしてください。

協会認定講師養成研修 説明会in名古屋の詳細はこちらから

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です