役割を果たすための行動

打ち合わせ 

それは正しいかもしれないけれど、
果たすべき役割という視点で考えると「バツ」となる。

・・・ということがありました。

過日の「中堅社員研修」での出来事です。
この研修は、年間4回、毎回25名強の方が受講して下さり、
もう14年ほど続いています。

1500名以上の方が受講してくださっているのですね。
あらためて数字にしてみると、我ながらびっくりです。

2日間の研修の冒頭に、
中堅社員としてのコミュニケーションのあり方を確認するという意味で、
「コミュニケーションゲーム」を実施します。

教育ゲームはいろいろありますが、
カードに記載されたばらばらの情報を
グループで協力してまとめあげ、
与えられた課題(地図を作成)を達成する、というものです。

このゲームがなかなかよくできておりまして、
時間内に課題が達成できるのは、おおよそ5割のチーム
という感じでみています。

「コミュニケーションのネック」にはまると、
どうにも抜け出せないのですが、
それを払しょくするのもコミュニケーションということで、
実際の職場でもありそうなことが体験できます。

過日の研修でおきたことは、私も初めての経験でしたが、
「地図としては、間違っているわけではないので、
その地図を渡されたとしたら、目的地に到達することはできる」
しかし、
「その地図上に記載されるべき情報が、明らかに一つ、抹殺されている」
という仕上がりになったチームがあったのです。

本来は抹殺した情報を記載しようとすると、
他の情報との整合性が取れず、とても悩み、
地図が書けない、まちがう、となります。

ところが、話を聞いてみると、
偶然にも、まとまりのある地図が書けたあとにその情報を検証したので、
この情報がなくても、地図として成り立つだろうと判断したというのです。

確かに目的地にたどり着ける地図です。

しかし、やはり、情報をなきもの!にしてはいけません。
合理的な結果を得るために、情報をなきものにすることを正当化することは、
日常でもありがちですが、結果としてうまくいきません。

いままでは、そういうチームは、
まちがった地図にたどり着いて終了でした。
しかし、今回は、やっかいなことに?!
地図としては、一応成り立っている、というものなのですね。

さてさてこまった!
あなたならどうしますか?

こういう時は、「目的」に立ち戻る、事が大切。

この教育ゲームでは、
「課題を達成するという過程を通して、
中堅社員として期待されるコミュニケーションのあり方について学ぶ」というもの。

リーダーシップや、チームワーク、メンバーの達成感等にも配慮する必要がありま
す。

そこで私はこんな説明をしました。

確かにこの地図であれば、目的地に行けるので、
まちがっているとは言い切れません。

しかし、情報をなきものにすることは、結果としてうまくいかないことになり、
やはりきちんと検証して、情報を反映させるべきでした。

同時に、コミュニケーションのあり方を勉強する目的があるので、
こんな風に考えてみてはどうでしょう。

カードを、一緒に働くチームのメンバーと考え、
カードに記載してあるばらばらの情報は、
リーダーであるあなたがメンバーに対して、
「地図を書きたいので、情報収集してきてください」と依頼した、
その返答なのだと考えてみましょう。

だとすると、
「その情報は、必要ないからいらない、書かなくていいわ。」
と言ったも同然なのです。

そういわれたメンバーは、どんな気持ちですか?

リーダーへの信頼やモチベーションはどうでしょう。
たとえ目的を達成できたとしても、
このメンバーには、きっと不満が残ると思うのです。

それでは、中堅社員としてのコミュニケーションのあり方としては、
「バツ」と言わざるを得ないと考えますが、いかがでしょうか?

・・・という具合です。

当該チームのメンバーは、「うん、うん」とうなずいて納得してくださいました。

私たちの職場の中でもありがちなことです。

「正しいんだろうけど、イヤだ!」であったり、
「そうかもしれないけれど、つまらない」と納得できないこと。

何かの基準に従って結果を出していかなければならないのがビジネスです。
目的のために切り捨てることも時には必要、
というご意見もあるでしょう。

それもそのとおり。

しかし、あえて
すべての人の参画意識を育てていくという視点も不可欠だといいたいのです。

こうした職場で育てられる人たちは、
必ずやモチベーションが向上し、
結果として、ビジネスに良い結果をもたらすと考えます。

そんな視点も持ちつつ、中堅社員としての役割をはたし、
その過程での成長を楽しんでほしいなという思いを込めて、
研修では皆さんにお伝えしました。

今回のこの体験は、まさに、
それを学ぶことができる貴重なものであり、
私自身の学びも多く、感謝!!!です。

 

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法を
わかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、
社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です