語尾をあいまいにしないでキチンと日本語を話す習慣を持つ

携帯で話す女性 

日本語は動詞の部分を言わなくても成り立つ言語です。

英語などは主語、述語、とくるので、
一番大事なことが最初のほうに登場するので明確なのですが
日本語は最後まで聞かないと実はわからない、という言葉です。

最後まで聞かないとわからないにもかかわらず、
最後まできちんと話さないことって多々ありますよね?
思い当たりませんか?

たとえば、身近なところで、電話で
「出かけておりますが」
「席をはずしておりますが」
「会議中ですが」
なんていうのは、代表的。

「んで、どうしたらいいのよ!」
とは言いませんが、心の中でツッコミを入れている人はいるかも?(笑)

こんな時私どもは、
「、」で言葉を終えないで、「。」まで話しましょう。
と、お伝えします。

そうです、「で、どうしたらいいのよ!」というお客様の声に
ちゃんと答えましょう、ということです。

あなたなら、どのように続けますか?

「ご伝言を承りましょうか。」
「代わりに私がご用件を承りましょうか。」
「折り返しお電話させていただきましょうか。」

などという言葉が出てくるでしょう。

こういったバリエーションが覚えきれない!という方には、
まずは「いかがいたしましょうか。」を奥の手?!としてお伝えします。

ところが、こうした言葉が出てこない、知らない、発想がない、という人が
少なくありません。

「どんな言葉を続けますか?」と問いかけると、
「よろしかったでしょうか。」が、一番多いのです。

ほかには、「大丈夫でしょうか」と言う人もいます。
何が大丈夫なのか、よくわかりません(笑)

さあ、この言葉を使って文章を完成してみましょう。

たとえば、

「席をはずしておりますが、よろしかったでしょうか。」
というようになるのですが、
もしもあなたが電話をして、名指し人が不在で、このように言われたら
どんな感じですか?

「席にいないんだから、つなげないよ!おだまり!」
って言われているのと同じともいえます(笑)

心の中で突っ込んじゃいますよね。
「よろしいわけないだろ!」って。

「席をはずしておりますが、よろしかったでしょうか」
と言った人は、もちろん「おだまり!」なんて、これっぽっちも思っていません。

しかし、結果として、相手を不愉快にさせる、
相手に誤解を招くことがある、ということです。

だから、語尾をあいまいにしないで、キチンと伝えることが大切なのです。

「席をはずしておりまして、30分ほどで戻りますが、
よろしければ、折り返しお電話させていただきましょうか。」

と伝えれば、お客様は、納得して30分を待つことができるのです。

携帯電話に慣れている世代は、
自宅の固定電話にでない、という人が少なくありません。

固定電話が当たり前だった時代は、(私とか。。。)
子どものころから、家族にかかってくる電話の取りつぎなどを、
おぼつかないながらも体験してきたものです。

しかし、その体験が少ない人が多くなっています。
これからますます増えていくでしょう。

「悪気はないけれど、体験が少ないので、選択肢がない」
ために、行動出来ない人は増えています。

だから、「こうすればいい」と教えて差し上げると、
なるほど!と納得してくださいます。
やはり、コツコツと教えていくことが大切なのです。

時々、ご自分の会社に電話をしてみてください。
今は、携帯に慣れてしまっているので、
会社で携帯を貸与しているところは特に、
ダイレクトに本人に電話をしてしまいます。

だから、「会社の声の玄関」である、
固定電話に出ている人がどんな対応をしているのか、
見えなくなっている会社も少なくありません。

実際に、ある上場企業の社長が、自社に電話をして、
社員の一人を呼び出したら、
「会議中ですがよろしいでしょうか。」と言われ、
こんな対応をお客様にしているとしたら大変なことだ!と愕然として、
研修のご依頼を頂いたことがあります。

まずは、自社の現状をしっかり把握してくださいね!

「判断にこまる」とおっしゃる方は、三厨にご連絡ください。
あなたへの電話を、御社に一回差し上げるだけで、
手に取るように会社の状態が見えてきますので、ご報告させていただきます。

どうぞお気軽に!

DVD教材【ビジネスマナー講座】のご紹介

dvd_h11_300社会人の基礎教育として必須のビジネスマナーを、わかりやすい映像を見ながらご自宅でお好きな時間に学べるDVD教材です。
 
【DVD監修・出演】
有限会社 キャリア・サポート代表取締役 
三厨 万妃江
 

こんな方におすすめです

社員のスキルアップをしたい
研修をやりたいが予算、日程などが合わない
入社前にマナーを学んでおきたい
転職前に復習をしておきたい
新入社員を教育する時間がない

 

DVD学習のメリット

自宅、会社、会議室等、どこでも好きな場所で学べます
いつでも都合がいい時間に、繰り返し何度でも学べます
見たいシーンだけピックアップして確認もできます

※DVDの販売は、株式会社ウォンツ様が窓口となっています。
特定商取引法に基づく表記はこちら

 

DVD教材一覧

【挨拶・身だしなみ編】9,720円(税込) 収録分数:30分
詳しくはこちらから>>>

【言葉遣い編】9,720円(税込) 収録分数:26分
詳しくはこちらから>>>

【電話応対編】9,720円(税込) 収録分数:21分
詳しくはこちらから>>>

【来客応対編】9,720円(税込) 収録分数:24分
詳しくはこちらから>>>

 

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です