計画を立てて取り組む習慣

みくりやさま2 

夏休みが始まっています。

・・・といっても、わたしではなく、子どもたちが。(笑)

この時期は普段とは違った忙しさやちょっぴり疲れ?!(笑)を感じます。
特に夏休みの最後の頃、親子ともに焦ることも・・・
どちらのご家庭も一緒でしょうか?それとも我が家だけ??

仕事同様、計画が大事!と、
昨夜、夕食後に、娘が立てる夏休みの計画を一緒に確認しました。

7月21日から8月31日までの日付を一覧にし、
午前と午後に分けて予定を書き込める表にします。

まずは、決まっている行事や塾の予定など、書き込むんですが、
井の一番に書き込んだのは、「友達と遊ぶ」日時です。(笑)
いい感じ!

そうして空欄を確認すると、思っているより少ないもの。
このことは、毎年夏休みの初めに話をするのですが
「は~い!」と元気な返事があるものの、毎年同じ、最後焦る(笑)
なので、今年は、もう少し細かく計画を立ててみよう、ということになったのです。

これも毎年同じことを言うのですが、
お盆を過ぎるとあっという間に夏休みが終わるので、
お盆前に終わらせようと。
でも、やっぱり焦っている、最後・・・

今年も同じように話しました。
そうなると、ますます、時間が限られていることを本人も自覚します。

結構宿題がありますわ・・・
子どもも忙しいですね!

計画を立てるために、まずは、夏休み中にする宿題などを確認しました。
本人にとって大変そうなものから、あげてみたようです。

1.自由研究・・・地元に絞って戦争のことを調べるそうです。

2.「世界の12歳」・・・「総合学習」という科目があって、ユニセフ関連を調べ
る、と言っておりました。

3.読書感想文・・・「罪と罰(ジュニア版)」とか言っていました。難しいの、読
んでますね~(笑)
再読して、感想文を書くんですって。

4.出展課題提出・・・習字(楽だから~だそうです・・・)

5.「なつっこ」・・・私の世代だと「なつの友」
ドリル的な部分と、課題をこなす部分とがあり、
「課題」は夏祭りのレポートと、職業についてインタビュー
するそうです。

5.漢字ドリル、計算ドリル…結構たくさん!(笑)
もしもも残ったら、最悪?!お盆に私の実家に
帰省する時に持って行ってがんばる!(笑)

こうして、おおよそ、計画表に毎日することを書きいれてみました。
私たちの時もそうでしたが、朝、10時までは、外に出ない!という約束のようですから、
朝は、毎日コツコツとドリルをしてから、その日計画に書き込んだ課題をこなすつも
りのようです。

本人にとって、一番「読めない」のは、自由研究のようで、
なんといっても戦争を知らないわけですから
最後にえいっ!とやっつけることはできず、
資料がないと何ともなりません。

なので、これに関しては、私からのアドバイスとして、
「まずは、図書館に行って、自分がやろうとしていることの資料がありそうか、
下調べをしていらっしゃい。」と話しました。

さっそく、今日、図書館に行くようです。

自分で計画を立てて、自分のペースで勉強もしていかなければなりません。
今年は、私が一緒に確認してすごしていく夏休みの過ごし方としては、
最後になるでしょう。

その意味では、計画の立て方なども、ちょっとしたコツなども知らせていけたらと
思い、昨夜はとなりに座って、娘の話なども聞きながら、計画を立てるのを
見守っておりました。

1.使える時間を把握する。
2.しなければならないことの全体像を把握する
3.優先順位を考える
4.計画にあてはめていく
5.予定がずれても修正できる時間を持っておく
6.中間チェックをするタイミングを考えておく

などなど。

仕事と同じだな~と思いながら、楽しく2人で過ごしました。

私の仕事も、コンサル・講演・研修などが入ってしまうと、
その時間は、完全にブロック!です。
それ以外の時間を拾い出してみると、案外少ないもの。

その限られた時間に優先順位を考えながら仕事を割り振っていきますから、
娘のやっていることと全く同じ。

あらためて、仕事のやり方を見直した感じがします。

娘も、よし!という感じで、夏休み、スタートできました。

今年こそ、最後に焦らないように(笑)と見守っていきたいと思います。

 

このままで私、いいのかな?と思っているあなたへ

この先、仕事の展望が見えない。今の仕事をこのまま続けていても大丈夫だろうか?
もしも今、「5年後の自分の姿」が描けなくて悩んでいるのならば、私と一緒に始めてみませんか。
 
このような悩みの解決策の1つが「プロ講師になること」だと私は思っています。講師は、女性が年齢を重ねても、キャリアがつみあがっていく仕事であるからです。

8月に、「ビジネスマナー講師、プロ講師を養成する講座」を名古屋で開催します。

まずは話を聞いてみたいという方、キャリアで迷っている方に、無料で個別相談を受け付けております。
ご希望の方は、以下のページをご覧の上、お申し込みフォームよりお問い合わせ、お申込みください。

ビジネスマナー講師、プロ講師を養成する【協会認定講師養成研修】第3期in名古屋の詳細はこちらから

先生_72B

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です