名刺交換のマナー誰にでもできるホスピタリティのコツ

エレガントマナーレッスン 

 
このところ、あまりマナーについて書かせていただいていないので、
今日は名刺交換マナーについて考えてみましょう。

名刺。
ビジネスには欠かせないツールです。

最近、なぜか、「名刺だけ集中的に教えていただけませんか?」
というご依頼が多いのです。

なぜかな~?お困りなのかな?
と思い、まとめてみることにします。

◆ポイントその1
名刺は、「自分の分身」としてお出しするものですから、
いただくものも、差し上げるものも、大切にします。

「大切にしている」ということを表現するために、

1.名刺を持つ高さは、胸の高さ。
→おじぎするときに、気づかないうちに、下のほうに下げていませんか?
マナー違反です。

2.名刺の文字に指がかからないようにする。

とはいえ、いまは、隅から隅まで、文字が書いてある名刺が多く、
かろうじてすみっこを「つまむ」ような状態になることがあります。
「つまむ」のも、失礼!

私は手のひらを広げて、4本の指のうえに載せて、
親指を添える感じ・・・にしますが・・・
文字だけでは伝わりにくいですね。お許しを。

3.自分から先に名乗りながら出します。
これは、「目下から先に出す」というルールがあるので、
いつも先に出す!という心構えがいるのです。

◆ポイントその2
研修の中で、「両手で出しても出さなくていいのですか?」
という質問がとても多いのですが・・・

左手に名刺入れをもち、右手で出す。
左手の名刺入れの上に、名刺をいただき、
いただいた名刺を胸元に引き寄せながら、
名刺入れの上で、両手で大切に扱う

という方法が、一番スマートで、うまくいくと思っています。

したがって、「その瞬間」は、片手ですが、
きちんと両手で扱うように持っていきます。
これで、Okです。

しかし、会社によっては、
名刺入れの上に名刺を載せて、両手でお出しする、
と、決められているところもあるでしょう。

もちろんこの方法もOkです。

その場合は、でおくれないこと。

でおくれて、あとからお出しすることになると、
いただいた名刺を失礼に扱うことになります。

それは、あとからお出しするときに、
結果として、いただいた名刺の上方に、自分の名刺を重ねてしまう、
というマナー違反をすることがあるからです。

相手の名刺よりも、自分の名刺が高いのでは、失礼です。

言葉で表現しづらいのですが、
この方法をとっていらっしゃる会社は、
必ず先に出す!ということを徹底してくださいね。
そうすれば、失礼が少なくなる可能性が随分高くなります。

もっとも、
この方法を徹底している会社同士が名刺交換をするとなると、
おたがいに、名刺を差し出したまま、「見合って」しまうことになりますから、
そんな場合は、相手を思い、
「お先に頂戴いたします。」といって、いただきましょう。

そうでないと、いつまでたっても、「見合ったまま」です(笑)

そういえば、こんな方はいらっしゃいませんか?

お出しする瞬間に、名刺をちょっとうえに掲げてから出す。

「ひとつ、よろしく!」ってお気持ちでしょうが、
残念ながら、その瞬間に、ずいぶん、相手の名刺より高いところから
お出しすることになってしまうのです。

せっかくの気持ちが伝わらない、残念な行為ですので、
お気をつけ下さいね。

さて、いかがでしたか?
キチンとお伝えできたでしょうか。

本当は、もっとお伝えしたいことがありますが、
文字では限界もあり、今日はこの辺で。
またの機会にお伝えしましょう。

名刺については、
複数の人数で交換するとき、
上司を紹介するとき、
上司に紹介されるときなど、

いろいろな場面がありますし、一番質問の多いところです。

問題は、
マナー違反を知らず知らずにしていては、相手に失礼だということ、
半信半疑な名刺交換をしていて、商談に自信を持ってのぞめるのでしょうか?
ということなのです。

その気持ちが、すでにでおくれることになってしまうからです。

名刺交換は、
会社同士の代表としての第一印象にも関わること。
お互いにしっかり、様子を見ているものです。

自信を持って名刺交換できるように、
ご自身や一緒に働く仲間と確認しあってください。

マナーに関しては、やり方がひとつ、ということがないのです。

まずは、それが、何を伝えるものであるかということを理解することが大切。
それがわかっていれば、伝え方がさまざまでも、
きちんと伝わるものです。

大切なのは、
意味をきちんと理解しているか、ということです。

マナーはあくまでも、ビジネスをやりやすくしたり、
お客様との関係を良いものにしたりするための
便利な「道具」。

相手への思いがあるならば、
思いを最短で伝えられる道具を上手にお使いになることです。

ホスピタリティは、「心からのおもてなし」とか、「相手を思いやる気持ち」です。
基本のないところに、ホスピタリティはありません。

また、思いがあるのに、伝える道具がないのでは、思いは伝わりません。

思いが形に乗って相手に伝わる、
そんなふうに使っていただきたいと思います。
 

DVD教材【ビジネスマナー講座】のご紹介

dvd_h11_300社会人の基礎教育として必須のビジネスマナーを、わかりやすい映像を見ながらご自宅でお好きな時間に学べるDVD教材です。
 
【DVD監修・出演】
有限会社 キャリア・サポート代表取締役 
三厨 万妃江
 

こんな方におすすめです

社員のスキルアップをしたい
研修をやりたいが予算、日程などが合わない
入社前にマナーを学んでおきたい
転職前に復習をしておきたい
新入社員を教育する時間がない

 

DVD学習のメリット

自宅、会社、会議室等、どこでも好きな場所で学べます
いつでも都合がいい時間に、繰り返し何度でも学べます
見たいシーンだけピックアップして確認もできます

※DVDの販売は、株式会社ウォンツ様が窓口となっています。
特定商取引法に基づく表記はこちら

 

DVD教材一覧

【挨拶・身だしなみ編】9,720円(税込) 収録分数:30分
詳しくはこちらから>>>

【言葉遣い編】9,720円(税込) 収録分数:26分
詳しくはこちらから>>>

【電話応対編】9,720円(税込) 収録分数:21分
詳しくはこちらから>>>

【来客応対編】9,720円(税込) 収録分数:24分
詳しくはこちらから>>>

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です