相田みつを美術館館長に学ぶ、相手が望むように表現し行動するということ

手帳 

技術だけでは、「感心」はさせられても「感動」は与えられない。

こんな言葉を残したのは、相田みつをさんです。

相田さんは、ご存じの方が多いと思いますが、
代表作には「にんげんだもの」などがある、
詩人であり、書家でもあります。

過日、ご長男、相田みつを美術館館長の
相田一人さんのご講演をお聞きしました。

冒頭の言葉は、なにをさすのでしょうか?

相田みつをさんは、
私たちにとっては(わたしだけかしら?)
あの、「独特のタッチで描かれる詩」の作者という印象が強いのですが、
実は書家としても、若くして賞を受賞するなど、有名な方なのです。

あの独特なタッチは、適当に書かれたものではなく、
「詩を一番的確に表現するための書」
だったのです。

書こうと思えば、賞までとっている書家ですから、
「楷書」のきちんとした?!字ももちろんかけますが、
もしも、あの「にんげんだもの」が楷書でかかれていたら???と考えると、
なんだか、へんなかんじですね!

読んでいるうちに、余計な力がはいってしまうような気がします。

冒頭の言葉の通り、
自分の気持ちや考えをあらわす自分の詩を
一番自分らしく、また、相手に伝わる文字と一緒に、
メッセージとして、届けてくださっているから、
私たちの心に響いてくるのでしょう。

ここで注目すべきは、
この文字は、適当に書かれているのではなく、
基本が身に付いた上で、必要だから崩している、ということです。

私もよくお伝えするのですが、
「基本を知っていて必要に応じて崩す(アレンジする)のと、
知らなくて崩れているのでは、まったく意味が違ってくる」

ということがいえます。

そんなことを象徴するエピソードとして、
相田みつをさんの紙代。

昭和30年ごろの大卒の初任給が15,000円ぐらいだった時期に、
一晩に30,000円分使ってしまうこともあったのだとか。

「そのひとつ」にいきつくまでに、
どれだけのフィットしない文字、捨てられていく作品があったか、ということです。

ちなみに、その破棄する紙は、すべて、お風呂をたく薪代りになったそうですから、
どれだけの量であったか、想像できることでしょう。

私たちはプロとして、「オンリーワン」を表現する方法に、
責任をもち、もっと丁寧であるべきでしょう。

相田さんがもう一つ心がけていたことは、
それは、「ひらがな中心」で「誰にでも読める文字」ということ。

これは、見てくれる人と同じ目線に立つ、ということです。

技術に走ると、ともすると、独りよがりになってしまうこともあるのでしょうから、
それを戒めるように心がけられたのでしょう。

私たちのビジネスに置き換えても、同じようなことがあると思います。

サービスの提供時には、
常にお客様の目線に立って行う必要がありますが、
分かっていても、気づくと、自分の都合で動いてしまっていることがあるものです。

相手がどう感じるか、相手が何を望んでいるか、
それを考えて動くのが大切なのです。

最後に印象に残ったこと。

それは、
「美しいものを美しいと思える心がなければ、
いけないことをいけないと感じられる心は育たない」

と言う言葉です。

では、子どもの中に、美しいものを美しいと思う心をはぐくむにはどうしたらいいか。

それは、親がそういった感動する心を持ち続けることだとおっしゃいました。

「育てたように育つ」

なるほど。

これは職場の上司と部下の関係にも当てはまるのでしょうね。
あなたもちょっと振り返ってみてくださいね。
 

うまくいっている会社が実践している7つのポイント

あの会社は、なぜ社員がいきいきと働いているのか?
と思ったことはありませんか?

うまくいっている会社には、「うまくいく仕組み」が必ずあります。

一見、ちょっとしたことに見えるので気づかれないことも多いのですが、
そこにはいきあたりばったりではない「仕組み」がきちんと存在しているのです。

あなたの会社はいかがですか?きちんと「仕組み」ができていますか?

☆今日からすぐにできるワンポイントアドバイスもありますので、
気持ちが熱いうちに社内改革に取り組めます!

【無料レポート】うまくいっている会社が実践している7つのポイント
今なら無料で差し上げています。ダウンロードはとても簡単!

以下にアクセスして必要情報を入力するだけです。
ご興味ある方は、ぜひダウンロードしてご活用ください。

うまくいっている会社が実践している7つのポイントのダウンロードはこちらから

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です