記憶力~年をとって記憶力が衰えたと感じるのは気のせい?!

グラフ 

 
こんなふうにおっしゃったのは、
東京大学大学院薬学系研究科 教授 池谷裕二さんです。

以前の事となりますが、
「脳はだまして使え~やる気・記憶力の秘密」という講演を
お聞きしたことがあります。

講演は大変興味深いもので、
へえ~、へえ~とそんな感嘆の連続でしたが、その中から、
「記憶は、年齢とともに衰えるのか?」
というテーマについてお伝えしたいと思います。

だって、このテーマ、関心あるところですもの!

以下の4つの点について、あなたも、一緒に考えてみてください。
池谷さんの解説は、こんなかんじ。。。
↓   ↓

近頃すぐに思い出せないことが多いんだよね、って思うのはなぜ?

子供と大人とでは脳に記憶する情報量が違う。
長く生きているということは、それだけ情報の量が増える。
パソコンだって情報が多いと検索に時間がかかるのだから、
人間が検索に時間がかかるのは、当たり前!

な、な、なるほど!

最近、新しいことがなかなか覚えられないんだよね、って思うのですが・・
たとえば、人の名前とか・・・

学生時代、単語帳に英単語を書いて、くりかえし、くりかえし覚えようとしたけれど
なかなかおぼえられなかった。

社会人になって、いただいた名刺を、単語帳のようにつづって、
くりかえし、くりかえし覚えようとなんてしない・・・

だから、今、覚えられないな、って思うのは当たり前!

ほ~

「つい最近」のことなのに、覚えたことをすぐに忘れてしまうんだよね~

たとえば、「つい最近」と大人が使うときは、半年ぐらい前のことでも
「つい最近」という。←たしかに!
子供が「つい最近」というのは、せいぜい2~3日。
つまり、忘れてはいけないと思っている期間が、大人の方が圧倒的に長いから、
それは、しかたがないことなのである。

そうだったのか~!

「ど忘れ」が多いような気がする?

実は、子供も年配者も「ど忘れ」の頻度は同じ。
ただし、子供は、「ど忘れ」したことなんて、気にしない!←これは、確かに!

ちなみに、「置き忘れ」「し忘れ」は、大人よりも子供の方が圧倒的に多いそうです。

これも、そういわれれば、そうですね。

いかがですか?
私はみょ~に納得しました!

池谷さんは、こうおっしゃいましたよ。

「年をとって記憶力が衰えたような気がするなんて、気のせいなんですよ!」

きっぱり!

お~気持ちがいいことをおっしゃる!

しかしながら、記憶の鍵のにぎる「海馬」から出る「シータ波」というものが
少なくなると、記憶力は衰えるとのこと。

それをふせぐには、
歩き回ること、だそうです!

とにかく行動しなさいってことですね!
特に初めてのところを歩くと、シータ波が出るそうです。

外に注意を向けている
意識して歩いている
何があるんだろうと興味を持って歩いている

こんな状態の時に、シータ波がでるんですって。

マンネリな行動を避けて、
いろいろなことに興味を持って行動する限り、
「脳」は忠実に私たちをサポートしてくれるということなのだと、
とってもうれしくなって帰途につけました。

池谷さんは、
「年をとると記憶力が衰えるものなのだという社会通念がいけないんだ」
って、おっしゃっていました。

ネガティブな暗示は能力を低下させる

さあ、今日もポジティブに、いろいろなことに興味を持って、行動しましょう!
 

うまくいっている会社が実践している7つのポイント

あの会社は、なぜ社員がいきいきと働いているのか?
と思ったことはありませんか?

うまくいっている会社には、「うまくいく仕組み」が必ずあります。

一見、ちょっとしたことに見えるので気づかれないことも多いのですが、
そこにはいきあたりばったりではない「仕組み」がきちんと存在しているのです。

あなたの会社はいかがですか?きちんと「仕組み」ができていますか?

☆今日からすぐにできるワンポイントアドバイスもありますので、
気持ちが熱いうちに社内改革に取り組めます!

【無料レポート】うまくいっている会社が実践している7つのポイント
今なら無料で差し上げています。ダウンロードはとても簡単!

以下にアクセスして必要情報を入力するだけです。
ご興味ある方は、ぜひダウンロードしてご活用ください。

うまくいっている会社が実践している7つのポイントのダウンロードはこちらから

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です