お客様として、感じてみること!

 

お仕事が「サービス業」という方は、たくさんいらっしゃると思います。
というよりは、みんなサービス業といっても過言ではない時代ですね。

「人と接する仕事はサービス業」ですから。

さて、そんなあなたは、
ご自身のサービスが、今よりも、もっと、も~っと良くなるコツは、
なんだと思いますか?

いろいろあるのでしょうが、
ひとつは、
自分自身がお客様として、いっぱい良いサービスを体験すること!

だと思います。

お客様に、「うれしい~!よかった~!ありがと~!」と喜んでいただくために、
まずは、自分がお客様としていろんなサービスを体験し、
「うれし~!よかった~!ありがと~!」って、
自分が受けたサービスについて感じることなのです。

だって、

どんなふうにしてもらうと、
うれしかったり、ありがたかったりするかを感じる気持ちがわからなくて、
お客様に喜んでいただけるようになるって、

・・・むつかしい!!

「そうか!こういうふうにしてもらうと、うれしいのか!」って体験して初めて、
「じゃあ、自分の仕事に置き換えるとどういうふうにしたら、
お客様に喜んでいただけるか考えてみよう!」
って、なるものですものね。

だから、自分が感じることがとっても大切なんです。

さて。

あなたがこの2~3日の間にお客様として受けたサービスで、
うれしかったこと、ありがたかったこと、感動したことがありましたか?

えっ?なんにも浮かばない?

それは、危険信号ですよ!

きっと、
良いサービスをたくさん受けているのでしょうが
もしも、それを感じることができない心だとしたら、
残念ですが、サービスは向上しません(きっぱり!)

そんなこと、あたりまえ~って気持ちになっていませんか?
すこ~し、心のアンテナを磨いてみましょう。

「いやなサービス」だったら思い出せる???

あら!それも実は危険信号です。

だって、「アラさがし」しても、あなたのサービスはよくなりませんよね?

「してはいけないこと」ばかりわかっても、
お客様を喜ばせることはできないのですから。

視点を変えると、きっと「よかったさがし」になるはずです。

ちなみに、三厨がうれしかったことのひとつをお話ししますと、
あるとき入った焼酎バーで、

マスターから、
「あ、六代目百合、切らしてますわ、ごめんなさい!」
と、顔を見るなり言われたこと。

これ、あとから、じわ~っときました。。。。

だって、そのお店にいったのは2回目で
前に行ったのは、7~8か月前のことですもの!

覚えていてくれたのは、とってもうれしいです。

えっと、
前に行った時に、浴びるほど呑んで印象的だった!とかそ~いうことは、
・・・ないと思います。
ほんの・・・2杯でした。。。。(もちろん、六代目百合です)

「な~んだ、そんなことでいいの?」

と思った方も、ちょっぴり危険信号ですよ!

たいそうなことでなく、何気ない一言であったとしても、
「わたし」を大切に思っていてくれているな、と感じられると、
人はうれしいものですよね。

しかし、せっかく感じることができても、
思ったことをきちんと実行できるか、表現できるか、
そこが大切なのです。

あなたは、感じたらそれをぜひ、表現してみてくださいね!

ところで、もしもあなたが経営者だとしたら、
スタッフのみなさんがいっぱい感動の体験ができるように
なにかしていますか?
 

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法を
わかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、
社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です