メンタルヘルス「~すぎない」ことが大事

m020639 (2) 

「メンタルへルス」
これは、「心の健康」です。

経営において、社員の皆さんの身体だけでなく、
心の健康にも配慮することが求められる時代になりました。

心が疲れる原因として、
あなたが一番に思い浮かべる原因は、なんですか?

きっと多くの人が、「ストレス」を一番に思い浮かべられるでしょう。

ストレスと聞くと、「マイナス要因」のイメージがありますね。

たしかに、ストレスをかかえ込みすぎると、
心が疲れて、これがもとで、うつ病などを引き起こしたりもします。

しかし、実は心が疲れる原因は、こうした「マイナス要因だけではありません。
「プラス要因」でスタートしたはずなのに、気づいたときには心が疲れ果て、
それが原因でうつ病になってしまうものもあるのです。

「バーンアウト~燃え尽き症候群~」

これは、看護師さんに多いと言われています。

なんとか患者さんの役に立ちたいと思って一生懸命にやってもやっても
なんともならない現実に直面して虚無感に襲われる。

あるいは、

目標に掲げたことをやり遂げてしまった後、
何をしたらいいのか見失ってしまうような場合。

いずれも、
「ある日突然、意欲が燃え尽きてしまう」
のです。

こういうこと、看護師さんに限らずありますよね。

「ストレス」というマイナス要因で心が疲れる人と、
求めてくれる人のために、なんとか役に立ちたいと思いながら
燃え尽きてしまった人の共通点は何でしょうか。

一生懸命で、責任感が強く、まじめ・・・・

「~すぎる」

ということです。

一生懸命、責任感が強い、まじめ

これはどれもとても大切。

でも、

一生懸命すぎる

責任感が強すぎる

まじめすぎる

・・・と、しんどくなってしまうのです。

どんなに相手の役に立ちたいと思っても、
燃え尽きてしまっては、残念。

毎日「がんばる」人が燃え尽きてしまっては、
ご本人にとっても組織にとっても大きな損失です。

そんなことのないように。。。。

「~すぎない」ってことは、
横っちょに目をやることができる
日常の中の、ちょっとした心のゆとりなのかもしれません。
 

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法を
わかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、
社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です