わからないことがわからない?! ~

パソコンのシーン 

 
患者さん「先生、CTスキャンって、どんな検査ですか?」
医師「脳を輪切りにして写真にとる検査です」
患者さん「脳を輪切りにするって・・・そんな怖い検査、したくありません!」
医師「????」

これは、病院の研修でよく笑い話で用いられた会話の事例です。

以前の私の「CT」初体験です!

あ、、、頭痛が続き、薬を飲んでも緩和しないので、
やむなく・・・というか、念のため?

検査台に横たわり、ドーム?の中に頭が入ります。
そして、5センチ(くらい)づつ、動いてはとまりを繰り返した感じです。
止まったとき「輪切り」になっていたのですね。

確かに移された写真を見れば、脳の輪切り状態ですから、
医師の説明はまんざら間違ってはいないでしょうが、
患者としては、自分の頭が輪切りにされてはたまらない、と思うのは、
当然かもしれませんね。

専門家から見れば当たり前のようなことでも、
素人にしてみると、まったくわからない、理解できないということはあるもの
です。

その中にとっぷりつかりきってしまうと、

他人がわからないこと

私にはわからなくなる

もの。

あなたの専門分野で、そんなこと、ありませんか?

三厨のCT体験のこと、もう少し、お話しますね。

検査結果を聞くときのこと。

医師「こういう写真を見るのははじめてですか?」
私「はい。」
医師「これが目、鼻、耳でしょ~。これが脳で、これが脳のしわ。
ココに空気があるんですよね。中耳炎になったりすると、ここが真っ白になっちゃうの・・・・」
私「はい・・・」

医師「ん。大丈夫ですね。これで見る限り、何ともありません。」
私「そうですか!ありがとうございます。」

と、とっても丁寧に、私の頭の成り立ち?!を説明してくださいました。

検査の結果は、異常なしでホッ。
それを聞いてから、徐々に痛みはおさまってきたように思います。

私が伺った病院は自宅の近くの市立病院。

実を言うと、以前はあまり良いイメージをもっていませんでした。
でも、今回久しぶりに伺って、
受付の仕組みや、職員の方の対応などが、
確実に変わってきているな、と、印象が変わりました。

脳神経外科の受付に行った時、
「三厨様、きょうは大変込み合っていますので、
先にお昼御飯をすませていただいたほうが、いいと思います。
2時間後にお越しください。」

あ~2時間か・・・

覚悟はしていましたが、事前に教えていただけるのは、
ありがたいですね。

私は自宅が近いので、いったんもどりました。
でも、そうできない人は、確かに大変だけど。

でも、こういった対応が増えていくことはうれしいことです。

地元でお世話になる病院ですから、
よくなっていくことは、とてもうれしいことです。

安心したせいか、こんなこともあったのですよ。
診察終了後の辞去する間際のこと。

私「先生、あの~、どうでもいいことなんですけど~
私の旧姓、先生と同じなんです!」
医師「あら、ほんと!どちらの出身ですか?」
私「岐阜です」
医師「私も岐阜に住んでいたことあるよ。出身は徳島だけど」

・・・と、思いがけず、旧姓と同じお名前の先生に診ていただき、
そんなお話をしたら、お医者さんも看護師さんたちも、
顔がゆるんで、和やかな雰囲気になった、ひとこまでした。

何事もなかったからこそ、
こんなふうに笑って診察室を出ることができたんですけれどね!

時々サインを出して教えてくれる自分自身の体のことを、
いたわることを忘れちゃいけないな、と思ったできごとでした。

あなたの業界でも「通じていないことがわからない」業界用語や説明などが
ないかよーく考えてみてくださいね!
 

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です