変えるものと変えてはいけないもの

打合せ中の男女 

過日、某自治体の臨時職員の方々に講演させていただきました。

いただいたテーマは、
「お客様に喜ばれる接遇応対」です。

もちろん、ホスピタリティ・マナー について、
存分お話しさせていただきました。
(う~ん、存分じゃないかな~1時間15分ですからあっという間でした。)

私の直前にご担当なさった先生は、
「人権問題」についてのお話だったようです。

始まる前にそのことをお聞きしたので、
「どんなお話でしたか?」とご担当の方にお聞きしたところ、

「人権問題も接遇も同じですから、
次の時間もシッカリ勉強してください」

と、結んでいただいた、とお聞きしました。

さすが!すばらしいです。

私がそのようにつないでいこうと思っていたことを
お伝えいただき、冒頭からとてもいい感じでした。

あなたは、この二つが「同じ」ということ、
なるほど!って、納得していただけましたか?

さて、
ホスピタリティ・マナーと○○は同じ

というお話は、以前もお伝えしました。
そう、「コンプライアンス」でしたね。

覚えていただいていますか?

これででそろいました。
ホスピタリティ・マナーとコンプライアンスと人権問題。

いずれも根底に流れるものは、相手を思いやる気持ち。
そして、相手の身になって考え行動すること。

もう一歩進んで考えると、
相手の身になるということは、「自分の身になる」ということ。

他人事のうちは、本当の意味での、
「相手を思いやる気持ちや行動」にはならないということですね。

自分の身にふりかかることであればできるのなら、
他人に対しても同じようにする、ということでしょう。

「相手を思いやる気持ち」は、時代が変わっても
変わらないものであり 「変えてはいけないもの」

しかし、対応は、相手や状況、また時代に合わせて
変えていくことがあると思います。

変えていいものと変えてはいけないものを見極める感性。
変えてもよいものを柔軟に変えていく勇気

私たちも、持ち続けましょう。
 

人材の能力や適性、個人の全体像を知って、採用のミスマッチをなくしたい方へ

●採用試験がうまく機能していなくてお困りの採用人事担当者の方
●クライアントをより理解したい心理カウンセラー・キャリアカウンセラーの方
●受講生、生徒をより深く理解し、指導をしたい講師・教師の方
●自己成長したい方

適切な採用や人員配置、個別指導を行うために必要なのは、人材の能力や適性、個人の全体像(トータル・パーソナリティ)を正確に把握すること。

ですが、ペーパーテストや面接だけでは、なかなか人の能力、性格の奥深いところまで見ぬくことは難しいのです。

この問題を解決するのが、今回、紹介するSCT(Sentence Completion Test 文章完成法テスト)。
既存のテストではなかなか見抜けなかった人物特性が見えると評判です。

SCTにご興味がある方はこちらから

The following two tabs change content below.
三厨 万妃江

三厨 万妃江

一般社団法人 社員教育内製化推進協会 代表理事 / 有限会社キャリア・サポート 代表取締役 / 社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント --- 岐阜市生まれ。全国の企業・医療・介護福祉施設などで、経営者や社員の教育および組織活性化のためのコンサルテーションを展開。平成26年度には人材育成のプロとなって25年を迎え、その間、関わった受講者は13万人以上。 セミナー・講演スケジュールはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

mail magazine

三厨万妃江のメールマガジン 笑顔で自ら動く社員を生み出す!実績25年の社員育成法

Facebook page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です