人材育成のしくみ

答えが引き出しやすい問いかけ

答えが引き出しやすい問いかけ

以前のことですが、ある日、こんなことがありました。 家族の薬をいただきに処方箋を持って出かけた薬局でのお話です。 塗り薬が前回から別のものに変わっていて、 今回もその薬が継続してだされていました。 他の薬とともに、説明を受けていたときのことです。 薬剤師さん「こちらのお薬は、うまく使えましたか?」 三厨の心の声 「え?? とりあえず、言われたとおり使ってきたんだけど、 なにか問題あったかな~ やり
続きを読む
悩みがいのあることを悩もう?!

悩みがいのあることを悩もう?!

「悩みがいのあることを悩みましょう」 とは、 研修の中のあるプログラムの中で、 必ず私が言う言葉・・・のようです。 ・・ようですって、他人事のようですか? これ!という決めゼリフではないのですが、 なにか、背中をポンと押したくなる時に かけている言葉のようです。 これには補足があって、 「悩むってことは、変えたいと思っているということ。 変えたいならば、行動してみましょう。 だから、行動しないんだ
続きを読む
目が合わない・・・のは、なぜ?

目が合わない・・・のは、なぜ?

過日、遠方よりお客様があり、 地元の別のお客様とともに、会食させていただきました。 そのときのこと。 名古屋駅かいわいでも、名前が知れているお店。 東京が本店です。 いつも、接客も気持ち良く、また、お料理もおいしい。 だから、楽しみにしているお店です。 楽しく食事が進む中で、 お願い事があって、顔をお店の方のほうに向けました。 でも、 目が合わない 私たちだけがお客様ではないですから、 それはそれ
続きを読む
ビジネスマナーの存在意義

ビジネスマナーの存在意義

「結局は、人間関係ですよね。そして、それって、心だと思うのです。」 過日、講演させていただいた「女性経営者の会」で 終了後、ご参加の皆様が、講演の感想をシェアしてくださったときに ある経営者の方がおっしゃった言葉です。 過日ご依頼いただいたテーマは、 社長と社員のためのモチベーションアップ実践講座 「社員満足徹底にホスピタリティマインドを!」 です。 顧客満足を実践する最前線の社員さんが 気持ちよ
続きを読む
経営者の姿勢が組織の文化を作る

経営者の姿勢が組織の文化を作る

  過日、某眼科に行ったときのこと。 初めて受診した眼科です。 そこで出迎えてくれた受付の女性は、髪が長く、 両耳から後ろへ髪をあげているのですが、 なぜか、片方の前髪が、30センチぐらい、顔の前に だら~んと落ちています。 他の方に接しているときにちらっと見たところ、 片目がだら~んとした前髪でぜんぶ!隠れているのです。 おまけに無愛想・・・ なかなかきれいな方でしたのに残念です。 他
続きを読む
メンタルヘルスを保つには「サイン」という気づきの視点を持つ

メンタルヘルスを保つには「サイン」という気づきの視点を持つ

経営者の皆さんの勉強会で 「メンタルヘルス」について、講演させていただいたことがあります。 そのときの講演タイトルは、 会社も社長も元気でいこう! ~職場の精神衛生(メンタルヘルス)について考える~ 司会の方が、 「私たちが元気になれるお話をしていただけると思います」 と、ご紹介くださったのですが、 このテーマのお話は、どうしても、おも~いお話になってしまいます。 三厨のように、明るい?!人間(ノ
続きを読む
成長の法則「言われたとおりにやってみる」ことができる才能を活かす

成長の法則「言われたとおりにやってみる」ことができる才能を活かす

  「言われたとおりにやってみる」 というのは、とても大切なことです。 自分で考えて動けるようになるためには、 「言われたとおりにやる」ことがプロセスとして必要。 うまくいかない人は 「言われたことを言われたとおりにやらないで、 最初からアレンジしようとする」 傾向があると思います。 それを「考えてやっている」と誤解しているのですね。 ですから、いつまでたっても あちこちぶれて、基本が定
続きを読む
「情報共有」の意義

「情報共有」の意義

当ブログでは、あまり私の仕事様子を書かないのですが、 今日は、過日の研修について書いてみたいと思います。 ある介護施設様の研修での出来事です。 こちらでは、社長をはじめとして、 全社員、職種を問わず研修を受けて下さっています。 正社員・パートを問わず、 介護職だけでなく、運転手や調理師の皆さんに至るまでです。 全職員の研修がひととおり終わってからも 新しく入社された職員の方に 順次同じ研修を受けて
続きを読む
ビジネスマナー 社内基準を持つことの大切さ

ビジネスマナー 社内基準を持つことの大切さ

過日のこと。 ご依頼を受けた研修のために、お客様の会社を訪問させていただきました。 ご夫婦それぞれが経営なさっている別々の会社の社員さんの合同研修です。 まったく学んだことがないので、基本から教えて下さいということ。 会社の応接スペースを使っての8名のこじんまりとした研修です。 訪問しましたら、社員さんのお一人が、アイスコーヒーを出してくださいました。 とっても緊張していらっしゃいます。 それもそ
続きを読む
「ありがとう」と「すみません」

「ありがとう」と「すみません」

「ありがとう」という言葉。 昔、NHKが行った調査、「一番美しい日本語」で、第1位になりました。 なっとく! でも、日本人は、「ありがとう」の使い方が あまり上手じゃないんだそうです。 なぜ? 「すみません」にすり替わってしまうから。 今週1週間、ちょっと意識してみてください。 あなたの「すみません」は、本当は「ありがとう」でもいいんじゃないですか? 気づいたら、ぜひ、「ありがとう」に戻してみてく
続きを読む